今や株に投資をすることはビジネスの一貫です。普通のサラリーマンだった僕が、「株」というものだけで人を動かしビジネスを展開することが出来たのです。お金を増やすための株で、もっともっと効率のいいお金の増やし方、知りたくありませんか?

株や投資でビジネスをワールドワイドで行おう

株で動くのは金だけではなく人もです

上場企業の株を売買する際には、証券会社を通じて大量のお金が動くことになります。しかし、売買で動くのはお金だけではなく人も動くことになってきます。上場企業の株を購入した個人投資家は、個別企業の株主となると議決権を有することができます。その結果として、個人投資家は各企業の株主総会で議決権を行使することが可能となります。多くの投資家の議決権によって、企業では取締役などを専任してもらうことができたり、新たな事業を始めることができるようになってきます。したがって、株を購入した個人投資家は、企業の経営を左右する役割を担う働きをすることができます。また、上場企業では自社の株が上昇することで、経営資金に余裕が出てきます。その結果として、工場の拡張を行ったり、新製品の販売を積極化することが可能になってきます。工場を拡張したり、新製品の販売が好調になると企業では新たな雇用を増やす必要が出てきます。したがって、株の上昇は企業の雇用者を増やす働きも期待できるようになります。また、株式市場が活況になってくると証券会社を始めとした金融機関では、新たな人材を確保する動きが出てきます。市場に明るさが出てくると証券会社などでは新卒の採用を増やしたり、中途採用を積極化することが起こってきます。市場が活況になってくると、営業マンやコールセンター対応人材などを増やす必要があるからです。さらに金融機関では自己売買部門のディーラーを増やして、収益を確保する動きも出てきます。高い技術を持っているディーラーなどは、年棒のより多い金融機関へ移ることも起こってきます。また、個人投資家の中でも、サラリーマンから専業のトレーダーになる人も増えてきます。